クエストニュース365

iphone seの使い方。アプリおすすめ壁紙バックアップ初期化

      2016/07/19

2016年春発売のiphone seですが購入した後にはやはりある程度使いこなしていきたいものですよね。

今までiPhoneを使っていたからある程度使い方は分かるけどseにしかない使い方があれば知りたい、おすすめアプリがあれば入れておきたい。あるいはiPhone se が初めてのiPhoneデビューでさっぱり使い方が分からないといった場合もあると思います。

 

そこで今回は、iPhoneに入れておいた方がいいアプリ、壁紙の変え方やバックアップに初期化などの使い方、iphon seならではの使い方もあればご紹介していきます。

スポンサードリンク

iPhone seに入れておいた方が良いアプリ

 

■LINE

iphone seというか、スマホを利用しているなら必ずいれておくべきはLINE。老若男女関係なく、プライベートや仕事など関係なく主流の連絡方法となっているので入れておいた方が何かと便利です。

 

■QRコードリーダー for  iPhone

iPhoneの場合、QRコードリーダーが最初から入ってはいないので、購入後にアプリをインストールする必要があります。一昔前はバーコードリーダーとも言われていましたね。

買い物をしていると「こちらのQRコードから会員登録するとお買い物が10%OFFになりますよ~」なんて店員さんに案内されたことってありませんか?いざ登録するときにインストールするのは場所によっては電波が入りにくく時間がかかったりもするので事前に入れておきましょう。

マイナンバーの登録などもこのQRコードを読み取ってアクセスしたりと、いろんな所で使われるようになってきているので必須のアプリです。

 

iPhone seの使い方

 

■壁紙の変え方

壁紙というのは、いわゆる画面の背景のこと。ここを変えるには【設定⇒壁紙⇒壁紙の変更】この順番にやっていけばOK。

スポンサードリンク


■初期化

初期化というのはiPhoneを買ったときの状態にすること。一般的には『工場出荷時の状態』と言われています。これをやるとデータとかは全部消えちゃいます。iPhoneはsdカードを挿入することはできずデータは全て本体メモリに保存されていますので。

初期化の使い方は、iPhoneの不調を直すときに良く使われます。パソコンとかでも色んなプログラムをインストールしすぎるとプログラム同士がケンカして調子が悪くなったりします。そういった時にはリカバリというまっさらな初期状態に戻す作業を解決策として使われますが、それと同じようなものです。

そしてアップルのサポートに不調になったと問い合わせをしても「初期化してみて」と返答されることが多いのです。iPhone seが不調になったときにも使い方は知っておきたいもの。

【設定⇒一般⇒リセット⇒全てのコンテンツと設定を消去】で行えます。ただやはりデータが消えるとアプリや連絡先も消えてしまうので、消えたら本当に困るという場合はいざという時のためにバックアップといって、データを他の場所に取っておく作業は

 

■バックアップ

バックアップの使い方に関して、appleが紹介している方法は2つで、1つはwifiに接続できる環境でicroudに自動でバックアップする方法、もう1つはパソコンのitunesにバックアップする方法。

wifi環境もないしパソコンも持っていないという場合に関しては、最近ではiPhone用の外部メモリも多く販売されるようになってきているのでそちらを購入してバックアップしておくという使い方もあります。

 

■iPhone seならではの使い方

※発売後に更新予定

 - 生活