クエストニュース365

山本KIDの刺青・タトゥーの意味は?漢字に大和魂に首のキスマーク

      2016/03/06

K-1格闘家の山本KIDの体には年々、刺青・タトゥーが増えていますよね。

腹には蛇、首にはキスマーク、腕には大和魂、胸には鳥、首周りには6文字の漢字・・・

 

かなりカオスな組み合わせのように思えますが・・・それぞれの刺繍には何かしらの意味が込められているのでしょうか?

スポンサードリンク

漢字の意味

 

山本KIDの首周りに彫ってある漢字は「狂」「蜂」「愛」「郁」「海」「鈴」の6文字。

まず、「狂」「蜂」の2文字は彼のジムである、クレイジービーの意味です。試合で履くトランクスにも書かれている漢字です。

 

そして「郁」は山本KID徳郁の「郁」で彼自身のことを表します。

では残りの「愛」「海」「鈴」の意味は何かと言うと・・・「海」「鈴」は彼の現在の奥さんと子供の名前だと考えられます。

 

山本KIDは全盛期にモデルのMALIAと結婚し、子供を1人もうけていましたが、怪我が原因の負け続きになってからは離婚を言い渡されました。

しかし2014年には一般人女性と結婚し、新たに子供をもうけたことを公表。

自身を表す「郁」と「愛」の隣にあるのは、再婚した相手の女性と、その女性との間にできた子供で間違いないでしょう。

 

「狂蜂」は彼が育ち現在は代表を務めているジム、そして「海」「鈴」は現在の家族、山本KIDは自分の愛している大切なものを漢字にして刺青・タトゥーとして体に彫っているんですね。

 

※山本KIDの漢字の刺青・タトゥーの意味の訂正です。

彼が元妻であるMALIAとの間に生まれた子供は、長男の海鈴くん、次男の愛郁くん、長女のありあちゃんの3人。漢字のは長男と次男の名前そのままだったことが過去ドキュメンタリー番組で発覚しました。

そして自分の子供の名前の意味を入れている意味も、自分が大切なものを体に刻みたかったという訳ではなく・・・

山本KIDがまだMALIAと離婚をしていない時、海鈴くん愛郁くんと一緒にお風呂に入っていると2人は山本KIDの刺青・タトゥーを見て「僕達の名前も入れてよ」と言ったんです。

 

「お父さんが戦う時は僕達が前で守ってあげる」その愛する子供の言葉を嬉しく思った山本KIDはすぐに2人の名前を彫ったんです。

そして自分の名前が強くて男らしいお父さんの体に入っているのを見た時、子供は大喜び。山本KIDはその時の顔がずっと忘れられないと話しています。

山本KIDの首周りの漢字には、子供の「お父さんを守る」という意味だけでなく、そういった温かいエピソードも含まれていたんですね。

スポンサードリンク



 

首のキスマークの意味

 

山本KIDは首にキスマークのタトゥーを入れていますが、これはアメリカでかつて大人気だった女優のマリリンモンローが流行らせたものです。

マリリンモンローがこの刺青・タトゥーを入れていたことで彼女の出身地であるロサンゼルスでは未だに人気のある刺青・タトゥーが流行っています。

 

もともとはマリリンモンローが入れていた事で流行ったキスマークの刺青・タトゥーですが、後付で「愛」「主張」などの意味があるとされています。

山本KIDの首のキスマークは、それらの意味を意識してのものか、あるいは単に流行りのものだからかですね。

 

腕の大和魂の意味

 

腕の大和魂の刺青・タトゥーは、山本KIDの姉の元夫であるエンセン井上を真似したもので特に意味はありません。

エンセン井上は日系アメリカ人4世で、K-1ヘビー級の王者だった格闘家。日系アメリカ人というのは移民などでアメリカ国籍ではあるけど、両親が日本人の人のこと。エンセン井上はその4代目ということですね。

 

山本KIDは階級は違うものの、日本人の血でありながらヘビー級で活躍するエンセン井上を尊敬していました。

なので意味があるとすれば、エンセン井上に対するリスペクトだと言えるでしょう。

 

山本KIDのその他の刺青・タトゥーの意味

 

6文字の漢字、首のキスマーク、大和魂など山本KIDの刺青の中でも意味がありそうなものをご紹介しました。

そのほかにもたくさん刺青・タトゥーが入っていますが、「かっこいい」「強そう」「神秘的」などの理由で何となく彫ったものがほとんどでしょう。

 

インパクトは強く、迫力はありますが、だんだんと近寄りがたい容姿になっていますし、刺青・タトゥーを入れてなかった方が格好良かったという声が大多数なのが事実です。

K-1ルール上は問題ありませんが、大会の選考やメディア出演には不利に働く場合が出てくるでしょうから、少しづつ消していくことを考えたほうが山本KID自身のためではあります。

 

山本KID自身にとっての刺青・タトゥーとは

 

刺青・タトゥーを入れすぎる行為は、自分を強く見せようという誇張表現の意味を持つという説がありますが・・・山本KID本人としては『自由』を象徴するものだと語っています。

その証拠に、彼は自分の好きな絵や文字を体に刺青・タトゥーとして増やしていってはいるものの、それを他人を威嚇するために使ってはいません。

 

むしろ、自分が近づきがたい見た目になっていることは認識しているらしく・・・

山本KIDが電車に乗ると必ず隣の席が開いてしまうそうですが、そういった時は出来る限り端っこによって、縮こまるようにしているとのこと。

「たま~に俺の真横に座ってくれる人とかがいると、あぁなんて良い人なんだぁって思っちゃう(笑)」といった面白エピソードも、以前にトーク番組で語っていました。

 - エンタメ