クエストニュース365

芥川賞『コンビニ人間』は面白い?あらすじ内容ストーリー読んだ感想

   

芥川賞を受賞した作品『コンビニ人間』。今話題の作品を一度は読んでみたいと思いますよね。

タイトルが斬新なだけにストーリー内容も面白いのか興味を惹かれます。

 

今回は『コンビニ人間』のあらすじと、実際に読んだ人の感想は面白いのか面白くないのかなど評価をご紹介していきます。

スポンサードリンク

『コンビニ人間』のあらすじ

 

『コンビニ人間』の主人公は、幼い頃から人とはちょっと違っていることに悩みを抱えていた恵子という女性。

【普通であること】に憧れて、自身の中で普通そうなイメージがあるコンビニのアルバイトを始める。

 

マニュアルどおりの普通な声の出し方や普通な接客やレジ打ち作業を覚え、大学1年から18年間も独身のまま勤続。

すっかりコンビニには恵子がいること自体が普通のこととなっていた。そんな時、新たにバイトに入ってきた新人とのいざこざが・・・

 

一見、普通そうで面白くないように聞こえるかも知れませんが・・・

【普通であろうとすること】は誰もが考え悩まされたことがあることから、その心境を鮮明に描いた物語には共感があります。

また、現代の人間関係のあり方など考えながら読んでみると面白いですね。

スポンサードリンク


読んでみた人の感想レビューや評価

 


実際に読んだ感想は、電車で乗り過ごすほど面白い内容。

「コンビニでアルバイトしているだけの主人公が、あんなに話しが膨らむなんて」という部分からも、途中で読み飽きることは無さそうです。

さすがに実際にコンビニ勤務を続ける著者が描いているだけはありますね。是非1度、読んでみてはいかがでしょうか。

 - 芸能