クエストニュース365

三菱自動車は燃費不正で安くなる?新車と中古車の値段、買取査定相場

      2016/07/19

三菱自動車が燃費改ざん不正をしたことによって、三菱自動車の製品は単純に性能としての価値が落ちると共に、信頼はもちろん人気も今後落ちていくことでしょう。

燃費が悪くなればそれだけ車を購入後の経費もかかるようになりますし、燃費を改ざんしたことによってエコカー免税されていた自動車の免税も外れる懸念も出てきていますので、今まで売っていた値段で販売が続けられることは新車にしても中古車にしても有り得ません。

 

これから値段が安くなっていくであろう三菱自動車ですが・・・当然、販売価格の相場が下がるということは、買取の査定の相場も下がるので『買うのも安い。売るのも安い。』そういった状態に陥っていくでしょう。

スポンサードリンク

三菱自動車、安くなる車種は?

 

では三菱自動車の燃費改ざん不正後に安くなっていく車種は何なのか?

まず、燃費改ざん問題で一番最初に大々的に報道された「ekワゴン」「ekスペース」、そして日産向けに生産していた「デイズ」「デイズルークス」。この4車種の市場価値ががくんと落ちるのは間違いありません。

 

そして捜査が進められると、この4車種以外にも『アウトランダー』『パジェロ』『RVR』、電気自動車の『i―MiEV(アイ・ミーブ)』など7車種で燃費改ざんの不正が行われていたことが判明しています。

不正をする指示があってからは、ほとんどの三菱自動車が改ざんされていると考えられます。そうなると、やはり三菱自動車の全車種の値段が安くなっていくでしょう。

 

特に『i―MiEV(アイ・ミーブ)』のようなエコと燃費の良さだけが売りの電気自動車などは、かなり販売価格も買取の査定の価格もかなり下がるはず。ただ、不正が行われていない車種、不正をやる前に生産されていた車種に関してはどうなっていくのかは今後の流れによります。

「この車種は不正をしていない」と言っても本当なのかどうか疑わしいですし、本当に燃費改ざんされていないとしても、不正をやる会社が生産した車に対して信頼や購入意欲が持てる人は少ないでしょう。

 

スポーツカー『ランサーエボリューション』のように元々燃費の良し悪し関係なくファンが付いている車種と言うのはまた別かも知れませんが、性能を考慮されて購入に至っていた車種に関してはそれこそ他社と比べて値段が安くなっていない限りは売れなくなります。

スポンサードリンク


燃費が改ざんされている車種以外でも、三菱自動車というブランドへの信頼の無さから、新車や中古車関係なくこれからは販売価格と買取の査定価格の相場は下がることが予想されます。

 

不正発覚後の変化

 

では、実際に不正発覚後に新車の販売価格、中古車の販売価格、買取の査定の価格などに変化は見られているのでしょうか。

各中古車販売サイトを参考に見てみると・・・。あれだけ取り上げられた『ekスペース』の走行10km未満の新古車でも160万前後で販売されていたり、その他にもekワゴン、デイズ、デイズルークス、パジェロなどを見ても燃費改ざん不正前と比べて値段が下がってはいません。

 

やはり中古車販売会社としても、燃費改ざん不正前の買取の相場で買い取りしたものをすぐに安くしようという軽率な判断は出来ませんし、まだまだ三菱自動車自体の今後の対応などが明確になっていないだけに変化は見られていません。

これから三菱自動車がユーザーへの補償や賠償、自動車会社への補償など全ての対応が終わり次第「ではどのくらい安くすれば今後、燃費改ざん不正があった自動車は売れるのか」と新車と中古車の価格が検討されます。

すでに買取の査定価格の相場は下がってきてはいるかも知れませんが、なんにしてもまだ問題の大元である三菱自動車の対応が終わっていないだけに、その自動車を取り扱っている会社はどうにもすることは出来ない様子見の状況と言えるでしょう。

 

ただ、三菱自動車は燃費不正があった車種を買い取るという補償も考えているようです。もし仮にその補償が実行されば値段が下がって安く買えると言うよりは、廃棄になる可能性もあるでしょう。

 - ニュース