クエストニュース365

三菱自動車の燃費改ざん不正による補償・賠償はある?内容は現金

      2016/07/19

三菱自動車が燃費を改ざんして自動車を販売していた不正問題。不正の対象となった車種を購入した人に対しては補償や賠償があるのか、あるとしたら内容は現金なのか。

ここが騙した後の謝罪の誠意があるのかどうかが問われている部分で、今後の三菱自動車に対するイメージにも大きく影響を及ぼすため、会社内の重役も頭を悩ませています。

 

しかしながら、対象となっていた軽自動車はどれも燃費の良さを謳ってCMもされ、販売店でも燃費を主な売り文句として推し、購入者としても燃費を決めてに買う人が多いだけに、燃費改ざんの不正に対する賠償はやはりされなければ三菱ユーザーの中には納得いかない人も多いのではないかと。

ただ改ざんして販売した車の台数があまりにも多大なため、補償や賠償をやりすぎればそれだけで三菱自動車が倒産してしまう可能性もありますので、満足な補償はあまり期待できるものではありませんし、そもそも補償がされるのかどうかも微妙なところです。

 

では、実際に三菱自動車が補償を現金で賠償するとしたら総額でいくらになるのでしょうか?また、現金以外の形であればどんな補償が考えられるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

補償が現金賠償の場合いくら?

 

まず、大きく燃費を改ざんしていた不正の対象として三菱自動車が発表した車種は、自社販売している「ekワゴン」「ekスペース」、提携販売している日産に出荷していた「デイズ」「デイズルークス」の4車種。合計で62.5万台がユーザーの手に渡っていると言います。

ではそれぞれの車種で実際にどれくらいの不正をしていたのか、具体的な数値を見てみましょう。

 

 

カタログに載せていた最高燃費はそれぞれの車種で以下の数値。

三菱 eKワゴン/日産 デイズ:30km/リットル
三菱 eKスペース/日産 デイズルークス:26.2km/リットル

 

そして実際にユーザーが使ってみた実燃費の統計をデータとしてみた数値は・・・

三菱 eKワゴン:16.85km/リットル
三菱 eKスペース:14.62km/リットル

 

 

達成率が50%台と悪いだけでなく、いくら燃費の数値を高く出す試験的な走行を行ってもカタログに記載していた燃費にはほど遠かったんです。

ただ、最高燃費の達成率というのは普通にユーザーが使用している分にはなかなか届かないものでもあります。参考までに、ホンダの軽自動車であるNワゴンはカタログ表記でリッター29.4km、実際にユーザーが使った数値の平均は18.57km。

最高燃費の燃費達成率は63.2%となっていて、やはり三菱の軽自動車は他社よりも10%程度は悪い結果となっています。

 
スポンサードリンク


 

ではこの10%分の補償が現金賠償であるのかといえば・・・ユーザー1人1人がどれだけ走行しているかという平均や基準を割り出すのは企業側としても極めて困難ですし、仮に1人に1万円という金額を一律で定めたとしても、総額で62億5000万。

さらに、会見では軽自動車の4車種以外にも不正な計算方法で燃費の数値を出していたと話していますし、とても騙した燃費分を賠償することは出来ません。それにユーザーの中には10万キロ以上走っている人もいれば1万キロ程度もいるので現金賠償に公平性がありませんよね。

三菱自動車の燃費改ざん不正に対する現金での補償や賠償はないと考えられます。

 

現金以外の補償となると・・。

 

補償は現金賠償以外の形となると考えられますが、やれることとしたら回数や期間を定めた無料メンテナンスといったところでしょう。

 

ユーザーは補償を求めている?

 

実際に、全てのユーザーが補償や賠償を求めているかと言えばそうではありません。燃費が良かろうが悪かろうが、三菱の車しか買わないと決めているファンも多くいるからです。ランエボやデリカにパジェロなどのファンの人からすれば多少の燃費は気にならないでしょう。

筆者も新型のパジェロの格好良さに惹かれて購入を決めたファンの1人で、特に補償を求めてはいません。もちろん好きなだけに不正に対してガッカリな気持ちは大きかったですが。

 

逆に現金賠償で補償してくれないと納得いかないユーザーはこのどちらか。

1.乗りつぶす気で燃費重視で買った
2.買取の相場が高く売値がつくから、短期間遊ぶために買った

15万キロ以上は走って乗りつぶすつもりで燃費を重視して『ekワゴン』『eKスペース』『デイズ』『デイズルークス』を買った人からすれば、今回の燃費改ざん不正に対する不満は大でしょう。

また、これから三菱自動車の中古買取価格はがくんと落ちることが予想されます。「売値もそれなりにつくことだし、気分転換に短期間乗ってみるか」そう思って三菱車を買ったユーザーにはダメージが大きいですよね。

実際に燃費改ざんの不正が発覚したあとに中古自動車販売を行っているカーショップのインターネットサイトを見てみると、新入荷した三菱自動車がこれまでよりも2~30下げて販売しているところも見られます。売りが殺到しているというニュースもあるので今後は買取の相場は下がるばかりでしょう。

 - ニュース