クエストニュース365

モニタリングのタクシーはやらせか。幽霊と気づかない事例も考え検証

      2016/03/07

人気ドッキリ番組のモニタリング。中でも幽霊タクシーシリーズはどんな反応をするかが様々で面白いですよね。

しかし「あの幽霊タクシーシリーズって何かわざとらしくない?」「何となくやらせっぽい」「タクシーに限らずあの番組のほとんどはやらせ」こういった意見も多いです。

 

では実際にモニタリングでやらせはあるんでしょうか?あのドッキリの結果には3パターンあります。

①ドッキリ対象者がタクシーに乗っている女性を最後まで幽霊だと思っていた②最後まで幽霊だと思わなかった③途中からモニタリングだと気づいていた

これらのパターンを元に、やらせかどうかを検証してみましょう。

 

スポンサードリンク

 

最後まで幽霊だと思っていた(一般女性×2)

 

助手席に乗っている女性を幽霊だと最後まで思い込んでいたパターン。まずはこちらの女性ですが、夜中のタクシーということもあってすぐに幽霊だと思い込みました

一般女性1

きづいてからは言葉が噛み噛みで、やらせの演技ではなかなか出来そうにない焦りっぷり。初めて幽霊を見たことによって自分の能力が開花されてしまったと思い込む面白さは、やらせのネタというよりもただの天然っぽい感じです。

幽霊を成仏させようとして幽霊役と友達になろうとしたのはモニタリング的にはかなり美味しい展開でしたね。

 

一般女性2

そして他の幽霊だと思い込んだ女性ですが・・・この女性はひたすら怖い様子で、途中でタクシーを降り、他のタクシーへと逃げ出してしまいました。

やらせにしては展開が面白くは無いですが、リアルな反応だったのでモニタリング的にOKだったんでしょう。

 

また、他にも幽霊だと思い込んだ男性がいましたが、ずっと黙り込んだまま。幽霊役が話しかけてもずっと無視する回もありました。「こういうドッキリだからリアクションとってね」と言っていない証拠ではないでしょうか。

スポンサードリンク


最後まで幽霊だと思わなかった(蝶野正洋)

プロレスラーの蝶野がモニタリングされたときは最後までタクシー助手席の女優を幽霊だとは思いませんでした。幽霊役がゆっくりと後ろを振り向き、驚かせようとすると「顔色悪いよ?大丈夫か?」と普通に話しかけ・・・。脈を計りはじめる始末。

蝶野

もう触ってしまったら脈打ってるから幽霊とは思い込まないですよね。体調が悪そうな女性を設定上、「見えない」と言っている運転手に「お客さんとして乗せてるんだから適当なことをするなよ」「体調悪そうなんだから病院にいけ」と怒ります。かっこいいですね。

 

ここまでだとまぁやらせと考えられない可能性も無くは無い。くらいですが・・・。モニタリングとして女性をいないものとし続けるタクシー運転手を聞き分けのないオカシイ人だと思いこんだ蝶野は「いいから警察を呼べ」と本気で言い出します。

ほんとに警察呼ばれたら困るのでここでモニタリング終了。この回は誰が見てもやらせでは無いと思うのではないでしょうか。

 

途中からモニタリングだと気づいていた(川平慈英、三浦翔平)

ハーフという立場を生かして、アメリカンなリアクションで俳優、キャスター、タレントをする川平慈英。彼はすぐに幽霊タクシーのモニタリングだと気づいていました。

幽霊が話しかけても「yes!yes!yes!whooo!!!」と派手なリアクション。幽霊が「着いていってもいい?」と聞くと、持ちネタの「い~んです!」を披露。

川平

ここだけだと超やらせ臭いですが・・・。女性を幽霊ではなく役者扱いして「それカラコン!?」と聞いたり、モニタリング終わったあとには気づいていたと話していました。

 

イケメン俳優の三浦翔平もすぐにドッキリ番組だと気づきました。

三浦翔平

そして幽霊役の女性がいつまで瞬きしないかな~と様子を見ていますね。

三浦翔平もモニタリングの幽霊タクシーだと気づいていたようで、終わったあとには「ですよね~」といった反応。

 

モニタリングのタクシーはやらせでは無さそう

3つのパターンを元に検証してみたところ・・・。モニタリングの幽霊タクシーがやらせである可能性は極めて低いといえます。

しかし幽霊タクシーのモニタリングは有名ですから、シリーズが続けば続くほど視聴している一般の人や芸能人は増えていくはずです。

そうなると、やらせという訳ではなくても「あっこれあのモニタリングのタクシーのやつじゃん!」と気がついてリアクションを取ろうとした末、わざとらしくなってしまうという事はあるかも知れませんね。

 - エンタメ