クエストニュース365

夏の美味しい安い食べ物・食材。旬な野菜、魚、果物。6月7月8月

   

夏は気温が高く、仕事に学校に家事、遊びも疲れがち。しっかりと栄養のある美味しいものを食べて体力回復したいですよね。

とはいっても、夏祭りにお盆休みや夏休みの旅行やレジャーなどに行こうと考えれば、出来るだけ普段の出費は抑えておきたいもの。

 

美味しくて栄養がある。その上、値段の安い食べ物と言えばやはり『旬』なものです。

6月7月8月の夏場を、元気に&経済的に乗り切るための旬な野菜、魚、果物には何があるのでしょうか。

スポンサードリンク

夏の美味しい安い旬な野菜

夏 野菜

オクラ、枝豆、かぼちゃ、きゅうり、とうもろこし、トマト、なす、ゴーヤ、にんにく、ピーマンこれらは夏を通してずっと旬な野菜です。

ジャガイモ、アスパラガスなどは初夏の6月のみが旬。トマトやかぼちゃなどは真夏の7~8月がピークとなります。

 

これらの野菜を中心にした、夏野菜料理はおすすめです。手軽なメニューであれば、夏野菜炒め、カレー、パスタやチャーハンなどが定番で美味しいですよね。

酸っぱかったり苦かったり独特の臭みがあったりと、苦手とされる食材が多いですが調理次第ではあまり気にならないようにも出来ます。今年は家族の野菜苦手があれば克服できるように挑戦してみたはいかがでしょうか。

 

夏の美味しい安い旬な果物

夏 果物

■6月
あんず、キウイ、さくらんぼ、夏みかん、パイナップル、びわ、マンゴー、メロン

■7月
あんず、キウイ、さくらんぼ、スイカ、パイナップル、ぶどう、マスカット、マンゴー、メロン、もも、ゆず

■8月
カボス、シークワーサー、なし、パイナップル、ぶどう、マスカット、もも、ゆず

 

果物は野菜よりも旬の季節が短く、夏の間でも6月、7月、8月それぞれの月ごとに旬な果物の移り変わりがあります。

もちろんこれが最も旬な季節であるというだけであって、8月でもまだまだスイカやキウイなどはお店に並んでます。

夏のフルーツはどれも水分たっぷりで、ミネラル・ビタミンの豊富なものが多いので、脱水症状や夏バテにも効果的です。

 

夏の美味しい安い旬な魚

うなぎ

あじ、あなご、あゆ、いわし、かつお、カジキマグロ、すずき、かわはぎ、かんぱち、うなぎ、あおかます

この中でも、夏と言えばやはりウナギですよね。うなぎならではのあの食感と味は好きな人からしたら堪りません。食べたら何だかエネルギーが体からみなぎって来る感じがしますよね。

 

(ただ実際にうなぎで精力・体力がつくと言うのは昔の商売人が売るために勝手に言い出しただけで根拠はないのだとか・・・。)

それに冬に比べればいくらかは安いものの、やはり高級食材なので旬であってもなかなか値が張ります。

 

栄養面・健康面を考えれば、あじ、いわしなどの青魚がおススメ。

ビタミンやタンパク質だけでなく脳の働きを良くするDHA+血液の働きを良くするEAPが豊富な超健康食材です。今年の夏も元気に過ごせるため、週に1,2回は食卓に出ると良いですね。

 - 生活