クエストニュース365

越智志帆の出身(中学、高校、大学)は?宗教の崇教真光との関係

      2016/03/07

越智志帆 学生時代

superflyのボーカル、越智志帆の歌声は美しくそして力強く、聞いてて元気が出てきますよね。そんな彼女がどんな環境で育って今の音楽活動を行っているのか、気になるところです。

彼女の出身は愛媛県ですが・・・。中学、高校、大学はどこだったのか。またその中で音楽活動に結びつくような出来事があったのか。

崇教真光(すうきょうまかり)という宗教に入っているのも有名な話ですが、この辺りも探っていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

越智志帆の中学校時代

 

彼女が卒業した中学校名は明らかになっていませんが、愛媛今治市出身なのでその付近の学校であることは間違いありません。

もともと越智志帆が音楽に対して興味を持ち始めたのがこの時で、学校の合唱コンクールをきっかけに歌う楽しさに気づいたんだとか。

 

越智志帆の高校時代

 

高校は今治県立北高等学校の出身です。2015年の偏差値は55となっていて、学力的にはほぼ平均か、ちょっと良いくらいの高校ですね。(彼女が入学していた時とは多少違うと思いますが)

音楽活動をちゃんと始めたのは高校3年。初めてバンドを結成してそのボーカルを務めたそうです。彼女のような人気ミュージシャンの一番最初のころの映像とかがあれば是非見てみたいものなんですが、さすがに出回ってはいませんね・・・。

 

越智志帆の大学時代

 

彼女の大学に関する、ウィキペディアの情報は以下のとおり。

 

2003年
越智志帆と多保孝一が松山大学の軽音楽サークルを通じて知り合い、新入生と上級生が一緒にバンドを組んで演奏した新入生歓迎ライブをきっかけに「フィソガー5」というコピーバンドを始める。

当時は、遊びでフィンガー5や忌野清志郎からマドンナやザ・クラッシュ、ローリング・ストーンズまで、ジャンルも関係なくカバーして演奏しており、それがのちのSuperflyの原型になった。
2004年
多保が大学のサークル内で結成したバンド「Superfly」に越智が加入。彼に代わってボーカルを務めるようになり、ブルースを前面に押し出したオリジナル楽曲を演奏し始める。

スポンサードリンク



また、彼女は中学・高校時代はポップスが好きだったそうですが、大学では多保孝一から聞かされたジャニスジョプリンというアメリカのロックシンガーの曲を聞いてロックに目覚めたという話もあります。

越智志帆とジャニスジョプリンの共通する点はあまり見つかりませんが、歌っているときの表情やエネルギッシュさは似たものを感じますね。

 

宗教の崇教真光との関係

 

さて、この彼女の出身地・中学・高校・大学のエピソードをお話しましたが・・・どのタイミングで宗教の崇教真光に入ったのかもとても興味深いですよね。

というのも音楽を作って歌う上で、必ずその人の考えが反映されてくるからです。その人の考えや価値観を現したものを音楽といっても間違いではありません。

何かしら宗教である崇教真光の教えも、越智志帆の音楽性に影響を与えているのではないでしょうか?

 

しかし、この辺りの情報はあまり出回っていなく・・・。どのタイミングで、なにをきっかけに崇教真光を信仰するようになったかは不明です。

 

考えられるのは

①もともと家の宗教が崇教真光だった
②音楽活動や芸能活動をする上できっかけがあった

このどちらかの可能性が大きいと予想できます。愛媛県出身であることに何か関係があるのかと思いましたが、崇教真光の本部は岐阜なのであまり関係は無さそうです。

 

宗教に対する考えは人によって様々ですので、越智志帆に対する印象も人によって変わってくるとは思いますが・・・彼女が素晴らしい歌を歌っていて、たくさんの人に元気を与えてくれていることには変わりありません。

今後も彼女のアクティブな活動に注目です。

 

 - 芸能