クエストニュース365

水曜日のカンパネラの歌詞の意味が分からない?桃太郎、ラー、千利休

      2016/03/05

インディースながらMステに出演した『水曜日のカンパネラ』、独特のメロディと歌詞で良くも悪くもいろんな反響がありますが・・・

ファンからしても、アンチからしても共通しているのは「歌詞の意味がわからない」ということです。

 

 

意味が分からないのを良いと捉えているか悪いと捉えているかは置いておいて・・・『水曜日のカンパネラ』の歌の歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか?

特にMステで披露した人気曲の「桃太郎」「ラー」の歌詞の内容は興味深いですよね。

スポンサードリンク

水曜日のカンパネラの歌詞の意味

 

『水曜日のカンパネラ』の歌の歌詞について、ボーカルを務めているコムアイはこう語っています。

 

「おもしろい音楽をやりたいと思ってから歌詞を何にしようかと考えている。なにか伝えたいメッセージがあって歌詞を考えている訳ではなく、歌詞や曲名が持つイメージを裏切るような歌詞にして遊んでいる」

「第一印象、初めて聞いたひとに引っかかってもらえることは意識している」

「平成の時代で色んなJPOPが出てきて情報過多になっている思いや歌詞が氾濫しすぎているからもうちょっと抜けのいい落ち着いたもの、もうちょっとバカなものが聴けるようにしたい。膨らんだ風船に穴を開けるようなイメージでアーティストとして活動している。」

「『自由のアイコン』として世の中に知られたい。聴いている人がその日を気分良く過ごせるように適当に踊ってみよう、暴れてみよう、歌ってみようと思えるような。当たり前ものを崩して自由に生きてもいいんだ~って思って欲しい」

スポンサードリンク



まとめると、あの唐突に関連性のない単語が出てくる歌詞については特に意味と言った意味はないということです。

ただ、「当たり前のことを崩して自由に生きてもいいんだ~って思ってほしい」この言葉が、『桃太郎』『千利休』『ラー』などを聴いてみるとかなり意識されていることが分かります。

 

桃太郎と言えば、桃から生まれたたくましい男の子で自ら困っている村人のために鬼が島に向かう男の子、というのが本来の姿ですよね。

しかし『水曜日のカンパネラ』の桃太郎はゲームをしてばっかり。おじいさんとおばあさんに引きこもっていることを怒られて鬼が島に行かされ、団子なんかで付いてくる友達はいず、サルやキジしか仲間に出来なかった。鬼退治だけは勘弁してくださいという軟弱者。

 

完全に、桃太郎のイメージを崩した『自由』な思想ですよね。そこにプラスアルファとして、意味の分からない歌詞を織り交ぜていくことでより自由な印象を受けるようになっています。

『水曜日のカンパネラ』の歌、桃太郎、千利休、ラーなどの歌詞には特にこれといった意味は込められてはいませんが、その歌自体には「もっと自由にやろう」というメッセージが込めれらています。

 - エンタメ