クエストニュース365

スズキの燃費不正で同じ車OEMのマツダ、日産、三菱へ影響は大丈夫

      2016/07/19

三菱自動車の燃費改ざん不正に続いて、スズキもほとんどの車種で燃費を5%ほど燃費を上乗せしていたことが発覚。

「スズキの軽」といえば日本では大衆に人気がある自動車で、街中では老若男女関係なく運転している姿が良く見られます。

 

ワゴンRやハスラー、ラパンなどは燃費を重視している人、そしてそれぞれの車体が好きなファン、両方をユーザーとして取り込むことが出来ているのが販売台数が多い大きな理由です。

それだけに他自動車メーカーもスズキと提携して、同じ車をOEMとして名前だけを変えて販売することも多くなりました。見た目は全く同じだけどエンブレムだけが違う車は増えてきていますよね。

 

ですが、そうなると今回のスズキの燃費不正はOEMで車を販売しているマツダ、日産、三菱に何かしらの影響はあるのでは無いかと思いますよね。

三菱自動車が燃費改善不正をした時には日産自動車は最初は補償・賠償を求めていました。結果的に日産がほぼ三菱自動車を買い取ったような状況になったため、会社同士で訴訟や裁判ということにはなりませんでしたが・・・

今回のスズキの場合はどうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

スズキの燃費不正、対象のOEM車は?

 

今回、スズキが燃費不正の対象として国土交通省に報告したのは、アルト、アルトラパン、ワゴンR、ハスラー、スペーシア、エブリイ、キャリイ、ジムニー】普通車【ソリオ、イグニス、バレーノ、SX4 S-CROSS、スイフト、エスクード2.4、エスクード、ジムニーシエラ。

 

そしてスズキが製造販売している自動車と、見た目も中身も全く同じOEMとして各自動車メーカーが販売しているのが以下の車種。

■三菱
デリカ D:2(ソリオ)
タウンボックス(エブリィワゴン)
ミニキャブバン(エブリィ)
ミニキャブトラック(キャリー)

■マツダ
キャロル(アルト)
AZオフロード(ジムニー)
AZワゴン(ワゴンR)
フレア(ワゴンR)
フレアクロスオーバー(ハスラー)
フレアワゴン21S(パレット)
フレアワゴン32S(スぺーシア)
スクラムバン(エブリィ)
スクラムワゴン(エブリィワゴン)
スクラムトラック(キャリー)

■日産
NV100クリッパー(エブリィ)
NT100クリッパー(キャリー)
NV100クリッパーリオ(エブリィワゴン)
モコ(MRワゴン)
ピノ(アルト)
ルークス(パレット)

スポンサードリンク


かなり多いですよね。もちろん年式がいつからのものなのかをスズキが報告したとおりの内容と照らし合わせれば、いくつか燃費不正の対象ではなくなります。ですがそれでも8割以上の車種が該当することになります。

 

各自動車メーカーは大丈夫?補償・賠償に訴訟は?

 

三菱自動車の燃費改ざん不正が発覚した時、日産自動車は三菱には補償や賠償を求める強い態度を示していましたが・・・。スズキの燃費不正が発覚しても同じ車をOEM提携して販売していたマツダ、日産、三菱は特にこれと言って発言をしていません。

ですが「少なからず経営に悪い影響は与えられそうだけど大丈夫なの?」「日産のように補償や賠償は求めないの?」など疑問に思いますよね。

 

これに関しては推測からすると・・・どの自動車メーカーもスズキの燃費不正を責めることが出来ないのではないかと思われます。

三菱自動車が燃費改ざんしていたのは10~15%とされていましたが、スズキの場合は5%。そしてスズキの燃費不正が発覚したのは告発されたからではなく、自己宣告です。

 

三菱自動車が燃費改ざん不正をしていた問題があった後、国土交通省は全ての自動車メーカーに対して「あなたのところは大丈夫ですか?」と改めて燃費の測定を規定どおりに行っているか確認して報告するように要請したんですね。

そしてスズキは燃費を上乗せがあったことを報告し、他の自動車メーカーはいっさい無いとして報告したんです。

ですが、三菱とスズキ以外の他自動車メーカーでも「この車種の燃費って思ったより悪い」と噂になることはあります。

 

推測の結論を言えば、日本の有名自動車会社、ダイハツにしても、ホンダにしても、トヨタにしても、マツダにしても、今回スズキが報告した5%程度の燃費の違いはあるのではないか。だからスズキに対して文句を言うことは出来ないのではないか。ということです。

おそらくスズキが燃費不正していた車種と全く同じ車をOEMで販売していた会社が今回の件で、補償や賠償を求めたり、訴訟を起こしたりなんてことはないでしょう。スズキもこれまで通り何も変更せず自動車を販売する意向を見せているので、他メーカーもこれまで通りいざこざ無く販売を続けると予想されます。

 

しかし、三菱とスズキ以外の他のメーカーは燃費不正なしで報告して本当に大丈夫だったのでしょうか。

これから日本の燃費測定は厳しくなっていくでしょうから今後、新たに不正は出てくる可能性もあります。

 - ニュース