クエストニュース365

重版出来『黄昏ボンベイ』のりつけ雅春の続き画像を読みたい実在は

      2016/07/19

『重版出来!』のドラマ内で描かれている漫画の『黄昏ボンベイ』。

あくまでもドラマの劇中用の作品で実在するものではありませんが、この漫画を描いているのは『アフロ田中』シリーズでお馴染みの作者、のりつけ雅春です。

 

アフロ田中シリーズ以外はここ最近になってまた新シリーズで連載を始めてあいかわらず人気がありますが、「アフロ田中以外にものりつけ雅春の描いた漫画を読んでみたい」「黄昏ボンベイ、主人公がもろ田中ぽいけど続きが気になる」と『重版出来!』のドラマ用漫画『黄昏ボンベイ』の連載を連載を望む声は多いです。

では、その『黄昏ボンベイ』はどうやって読むことができるのでしょうか?また、内容はどんなストーリー(あらすじ)なのでしょうか?

読む方法をご紹介するとともに、ストーリー(あらすじ)をのりつけ雅春の描いてきた漫画の傾向を元に予想してみます。

スポンサードリンク

『黄昏ボンベイ』の続きは読める?

 

『黄昏ボンベイ』に限らず、『重版出来!』のドラマ劇中漫画は公式ホームページで試し読みが出来るようになっています。

最後には「続きはドラマで!」となっていますが、おそらく『重版出来!』の第3話でちょこちょこっと原稿がうつされただけで、これ以降『黄昏ボンベイ』の漫画が読めるシーンは出てこないでしょう。

 

というのも、ドラマの内容の通り、『黄昏ボンベイ』は3話時点で打ち切りになったからです。

他の劇中漫画はドラマのストーリー内ではまだ連載中ですが、そもそも『黄昏ボンベイ』は読者にとって面白みの伝わらない失敗したギャグ漫画という設定でしたからね。

ただ、ドラマの中では一応は単行本が2巻まで出てきていましたので、表紙カバーだけ作っていたにしてもその中身がどんなものなのかは気になるものです。

スポンサードリンク


『黄昏ボンベイ』のストーリー、内容、あらすじの予想

 

ではその2巻までの内容はどんなものだったのか?

『重版出来!』のドラマ内に出てくる漫画は、どれもそれぞれ実在する担当の有名漫画家の良さを考慮されてストーリーが決められています。

河合克敏が描く『ツノひめさま』は恋愛系、村上たかしが描く『タンポポ鉄道』は心温まる人情系といったように、漫画家が実際にヒットさせた得意分野と合わせてドラマ中の作品も決められているんです。

 

なので、のりつけ雅春がドラマ用に描いた『黄昏ボンベイ』もギャグ漫画ではあるんですが・・・。

そもそもこの作品だけは連載打ち切りの失敗作という設定で、読者アンケートでも「意味が分からない」とされていました。なので、これといってストーリー(あらすじ)は無く、何が面白いのか意味が分からない作品なんですね。

『重版出来!』の設定なので仕方はないですが、失敗作の担当がのりつけ雅春が担当したのはちょっと残念。

 

 - ドラマ